take87log

腕時計中心に色々と

take87log

艦これ 2017年夏イベント 記録

f:id:take_blog:20170920221242p:plain


※攻略記事ではありません

 

 

消費資源

f:id:take_blog:20170920204323p:plain
燃料 123,879(72.7%)
弾薬 75,855(81.2%)
鋼材 51,882(44.6%)
ボーキ 68,090(32.3%)
バケツ 566(28%) 

実数では 燃料>弾薬>ボーキ>鋼材 の順
比率では 弾薬>燃料>鋼材>ボーキ の順となった

やはり燃料の消費が抜きん出ている。数字は大きいが従来通りの消費比率といえるのではないか。来年の夏(大規模イベント)は最低でもこれだけは溜めておかなければならないという事だ。途中で遠征もしているのでその分も加味しなければならない。

 

出撃回数

E1→9回
E2→13回
E3→27回
E4→37回
E5→15回
E6→22回
E7→60回

計183回
※E2、5、6、7はギミック解除による出撃も含む

E3・4はギミック解除を含めないでこの回数というのは多すぎる。
先を急ぐあまり無駄に重ねてしまった感がある。

f:id:take_blog:20170920220847p:plain

E3はボス前の分岐で時間をかけてしまった

新規入手艦

旗風
Richelieu
松輪
Aquila
Luigi Torelli
Ark Royal
親潮は掘りたかったが残り日数も少なく、E4レベリングを優先。
 

出撃艦

E1
f:id:take_blog:20170920203238p:plain
水無月・皐月・清霜・文月・暁
那珂
飛鷹
日向

4種8隻

E2

f:id:take_blog:20170920203422p:plain
大潮・江風
由良
祥鳳・龍鳳
天城(2)・雲龍(2)
榛名・長門(5)

5種9隻

 

E3

f:id:take_blog:20170920204037p:plain
吹雪・天津風・大潮・睦月・江風・初霜・如月
由良
大井(2)
古鷹・青葉
最上・三隈
龍驤・大鷹
蒼龍(2)・飛龍(2)
比叡・榛名

8種19隻

 

E4
f:id:take_blog:20170920204031p:plain

時雨・雪風島風・初月
神通
北上(2)
Prinz・羽黒・Zara妙高・摩耶(2)
利根・筑摩
瑞鳳・隼鷹
赤城・加賀(2)・蒼龍(3)
Bismarck・Warspite・長門(2)・長門(3)
山城・扶桑
あきつ丸

10種・25隻

 

E5
f:id:take_blog:20170920204026p:plain
照月・Libeccio
瑞鶴・Glaf
Italia・Roma

3種6隻


E6
f:id:take_blog:20170920204021p:plain
秋月・磯風・谷風・浜風・霞・朝潮・Верный・荒潮
鬼怒
北上・木曾
Pola那智
鈴谷・熊野
千歳
天城・葛城・加賀
金剛・霧島・長門(4)
Cmmandant Teste

9種23隻

E7
f:id:take_blog:20170920204009p:plain
浦風・夕立・秋月・雪風島風・霞・照月・朝潮・初月・Libeccio・朝霜
阿武隈・神通・夕張・由良
北上・大井
摩耶
鈴谷・熊野
千歳・千代田・大鷹
翔鶴・瑞鶴・加賀・Saratoga
金剛・霧島・Iowa
山城
速吸

10種32隻

 

E7の個別記事はこちら

take87.hatenablog.com

 

29隻→駆逐
14隻→正規空母
13隻→戦艦
10隻→重巡
9隻→軽空母
6隻→軽巡・航巡
5隻→雷巡
3隻→航空戦艦
1隻→水母・補給艦・揚陸艦

計98隻出撃

艦隊全体で213隻なのでその46%が出撃したことに。
イベントに出せない低レベル艦を覗くと数字はもっと上がる。



最多海域出撃:由良

f:id:take_blog:20170920203036p:plain
札が多いので2海域以上に出撃している艦は非常に多かったがその中で唯一の3海域(E2・3・7)に出撃。後述するが今回は制空補助の恩恵がとても大きく、改二によって大幅に優先度を上げる事となった。
五航戦や阿武隈を抑えてのトップは意外(自分が阿武隈を温存したせいもあるが)。 

 

反省点

育成・装備不足

Гангутと綾波の育成はしておいた方が良かったと痛感。前者はE4、後者はE7にて。

装備については一式陸攻が1つ足りませんでした。8cm高角砲改+増設機銃も作っておけば良かったかもしれません。普段から任務をサボっているツケが回ってきたわけですね。
今回高需要だったであろう流星改も7機しかなく、できれば倍は欲しかった。

水戦による制空補助を軽視

「たかが対空+1の差」それが大きな差になる事は計算すれば分かる事でした。
水戦に限った話では無いですが、改修や装備を揃える事で1スロット空けられる事が1スロットも無駄にできない高難易度においてどれだけ大きいか痛感。

編成を組んで出撃するまで熟考できてない

自分に合った編成を見つけたとしてそれでゲージを破壊できるか否か。
出撃を重ねて問題点を洗い出すのも確かに正解だが、出撃し無くても分かる部分は存在するのでそこの詰めの甘さがE4やE7の出撃回数に表れた格好。

長門さん(嫁)を1度も出撃させていない

これが一番の反省点かつ問題点で、高速化すればE7でも起用できたのである。
確かにこの難易度で装備枠を2つも無駄にするのは痛感の極みだがそこは愛であろう…と長門旗艦で甲クリアする提督達のスクショを見て伝わってきた。
何としてもクリアして11個目の甲種勲章が欲しかったので必要以上に悔いるつもりは無いが、やってみたかった気持ちはある。
そういう事ができるだけの備蓄も今回不足していた。

 

これらの反省点を見てみると必要なのはレベルでも指輪でも装備でも無いと分かる。
情報収集力であり、冷静な判断であり、愛である。

流石に4年もプレイして居るのでそれでもクリアできてしまったが反省。

 

次のイベントに向けて

次は第一艦隊旗艦長門さん(嫁)・随伴浦風(嫁)、第二艦隊旗艦長門さん(次女)・浦風(次女)でクリアします。