take87log

腕時計中心に色々と

take87log

艦これ Android版

f:id:take_blog:20171001182355j:plain艦これAndroid版をプレイする為にモトローラから発売されているMoto G5 Plusを買いました。

 

外観

f:id:take_blog:20170930214646j:plain

独特で目を引く外箱

 

f:id:take_blog:20170930214641j:plain
f:id:take_blog:20170930214636j:plain
画像では伝わりにくいですがゴールドの色味はiPhoneに似ています

 

f:id:take_blog:20170930214631j:plain

ケースはシンプルなシリコン製にしました


 

f:id:take_blog:20170930215015j:plain
f:id:take_blog:20170930215011j:plain
そのままでは出っ張るカメラレンズもカバーされるので傷が付く心配もない

 公式サイト
https://www.motorola.co.jp/products/moto-g-plus

 




【 shizuka-will- 】Motorola モトローラー Moto G5 Plus ケース カバー TPU ケース ソフト ケース ( 透明 / 耐衝撃 / 背面貼り付き防止加工 / ストラップホール / ストラップ付 ) MotoG5 Plus スマホ ケース (Moto G5 Plus, クリア)

 


メディアカバーマーケット MOTOROLA Moto G5 Plus [5.2インチ(1920x1080)]機種で使える【のぞき見防止 反射防止液晶保護フィルム】 プライバシー 保護 上下左右4方向の覗き見防止


 

きっかけ

元々docomoタブレット(F-03G)を譲り受けてプレイしていたのですが、動作がカクつきかつ携帯するにはやや大きい点が気になっていました。
そして先日の観艦式の物販列で他提督がスマホでプレイしているのを見たり、観艦式で艦これに対するモチベーションが上がったので2台目の艦これ用スマートフォンを持つ事を決めました。

 

何故この機種にしたのか?

・DMMモバイルで扱っている
・評判が良い(
・2台目なので月額は抑えたい
・画面サイズは5インチは欲しい

という4つの理由からですね。
艦これの動作には大体メモリは3G、できれば4Gは欲しいようなのでDMMが取り扱っている機種の中でその条件を満たしているのは当時はZenFone3かMotoG5Plusかでした。
しかしZenFoneは売り切れていたのでMotoG5Plusを選びました。
他にも候補となる機種はあり、白ロムを用意する選択肢もありましたが面倒ですしすぐに欲しかったので笑

※2018年10月現在DMMモバイルでもZenFone4の取り扱いが開始されています

 

参考にしたサイトと動画です。

www.4gamer.net

 


Moto G5 PlusでAndroid版艦これをプレイ

 

コスト面

自分の場合ですが、まず基本料金は2Gのシェアコースなので¥1380。
初月のみSIMカード追加料¥3000とSIMカード準備料¥394が請求され、端末代¥1903と追加SIM手数料¥300が毎月請求されます(端末代は途中から一括支払いする事も可能)。
合計月額¥3583で2台目が持てます。

詳しくはこちら

 

実際に使ってみて

結論からいうとブラウザ版と一切遜色が無いです。上の動画通りの動きと思ってもらって構いません。
※10/9追記 ちなみにグラブルiPhone6の方が快適でした。カクつきます。

f:id:take_blog:20171001185826p:plain
気になる通信量ですが、少ないと感じます。
9/23から使い始めて4G回線で1日と6時間ほど使いましたがこの結果。データ数が少ないのでまだ言い切れませんが月1Gで十分かもしれません。


 

外出先での様々な空き時間や待ち時間に遠征・任務をこなすだけでもかなり違ってきます。
何よりポケットから出してすぐプレイできるのが良いですね。ソシャゲでは当たり前の話ですがブラウザゲームでそれができるのは満足度が高いです。 

 


モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5 Plus 32GB ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4