take87log

腕時計中心に色々と

take87log

艦これ 2018年冬イベント 記録

f:id:take_blog:20180319012238j:plain

一期のまとめも入っているので長いです

 

 

消費資源

f:id:take_blog:20180319003501j:plain
f:id:take_blog:20180319003502j:plain

・燃料 130,474(81.8%)
・弾薬 164,479(80.5%)
・鋼材 33,666(12.8%)
・ボーキ 98,621(52.8%)
・バケツ 608(33.6%)
括弧内は元資源に対する割合

実数では弾薬>燃料>ボーキ>鋼材の順となりこれは前イベと同じ。
比率では燃料>弾薬>ボーキ>鋼材の順となった。
弾薬16万というのは過去最高の数字。実質11ゲージなので納得といえば納得。
正直こんな使うとは思いませんでした。大規模イベントの時は20万無いと安心できませんね。

 

f:id:take_blog:20180319012556j:plain
f:id:take_blog:20180319012557j:plain
f:id:take_blog:20180319012559j:plain
f:id:take_blog:20180319092904j:plain
最後も無事に全海域甲を達成


 

新規入手艦

日振・大東・Jervis・Z3・浦波・親潮・Ташкент・Gambier Bay・Intrepid

今回も刺さる新規艦はおらず(今のところ)。
親潮をようやく手に入れられたのが嬉しい…実装からもう2年弱。 
JarvisとТашкентは今後使うのは間違いないので早急に育てておきたい。

f:id:take_blog:20180319005928j:plain

他には占守・国後・択捉・佐渡・秋月・大淀・春日丸・Ark Royal×2・Warspite・Гангут・Iowa・Bismarckと一期最後を飾るに相応しい大盤振る舞い。特にIowaの主砲は強いので2人目を手に入れられたのはとても大きい。

 

出撃艦

E1:7人

f:id:take_blog:20180319005127j:plain
長門浦風・那珂・潮・瑞鳳・対馬佐渡

E2 :13人

f:id:take_blog:20180319005124j:plain

高雄・長門・榛名・愛宕・鈴谷・熊野・能代・浜風・磯風・谷風・浦風・長波・北上

E3:12人

f:id:take_blog:20180319005121j:plain
瑞鶴・翔鶴・伊勢・日向・千歳・千代田・瑞鳳・多摩・秋月・初月・大井・Prinz

E4:21人

f:id:take_blog:20180319005118j:plain

長門・榛名・金剛・鈴谷・熊野・摩耶・速吸・能代・長波・羽黒・北上・雪風・木曾・妙高・扶桑・山城・最上・満潮・朝雲山雲・時雨

E5:9人

f:id:take_blog:20180319005116j:plain

那智・足柄・あきつ丸・鬼怒・初霜・吹雪・霞・三隈・照月

E6:16人

f:id:take_blog:20180319010145j:plain
那智阿武隈・照月・霞・利根・大井・三隈・Italia・足柄・妙高・榛名・金剛・筑摩・北上・長波・雪風

E7:31人

f:id:take_blog:20180319010141j:plain

長門・Bismarck・瑞鶴・翔鶴・Saratoga・加賀・浦風・照月・阿武隈・大井・北上・瑞鳳・摩耶・鳥海・羽黒・足柄・千歳・千代田・金剛・榛名・Iowa・利根・霞・妙高・Prinz・朝潮・Libeccio・Гангут・秋月・赤城・速吸

全海域嫁艦出撃はまたしても達成できず。戦艦は制限が掛かる事が多いのでどこでも出撃できる駆逐艦の方がやりやすいか。4女以降の浦風のレベルを上げておきたい。

駆逐→19人
軽巡→6人
雷巡→3人
重巡→9人
航巡→4人
軽空母→5人
正規空母装甲空母→5人
戦艦・航空戦艦→11人
その他→2人
64人(2海域以上出撃艦は重複して数えず)

もっといるかと思ったが被りが多く、これだけ難易度の高い海域だと出撃する艦娘も限られてしまうか。というか「せっかくだからこの娘も」という余裕が無い。

f:id:take_blog:20180320110349p:plain

今回の最終海域クリア編成。赤城さん以外は大体いつものメンバーだ。

 

反省点

①空母の夜戦装備の未所持
今イベを象徴する失敗。結局クリアできたからよかったものの、先制対潜と特効を兼ねる瑞鳳を起用出来ていればどれだけ楽だったかは想像に難くない。
作成を進めていなかったわけではなく、F6F-3★MAXをあろうことかF6F-5に更新してしまった。今回もらったネジは全てF6F-3の改修に使います。。

f:id:take_blog:20180319003602j:plain
f:id:take_blog:20180319003604j:plain
それにしてもづほ改二がかわいい(かわいい)


②運の未改修
毎回言ってるが今回はイベント中にまるゆ2人を入れた阿武隈がほとんどカットインを出さなかったのが痛かった。今回のように速吸を起用すると旗艦補正が無いので、運35ではそれも当然か。

後は航巡鈴熊、細かい所では水戦をもう1つ、支援用の命中付主砲の数、基地航空隊用の艦戦改修があればもう少し楽になったかなというところ。ただ装備に関しては数を増やすより新要素を重視する事が大事だと痛感したのは①で述べた通り。

 

 

今イベのMVP

f:id:take_blog:20180320110113p:plain
f:id:take_blog:20180320105351j:plain

誰か一人に絞るのは難しいが、最後の2択を制した妙高に贈りたい。
運改修が進んでいない自分にとっては頼りになるカットイン重巡
次点では長門・翔鶴・瑞鶴・金剛・霞・Prinzなど。

 

 

今イベは過去最高難易度だったか?

非常に難しいところだが過去最高では無かったように思う。複数のゲージやギミックなどで苦しい印象は強いが、道中やボスに対して付け入る隙というか可能性の割合が大きかったように思える。
15年夏の防空棲姫、17年夏のトリプルダイソンや欧州棲姫のような固有での印象よりも複数ゲージ・ギミックによる消耗戦の色合いが強い。戦艦水鬼改や深海鶴棲姫が強かった、とはならない。位置づけるとしたら前述した2つのイベントに次ぐ3番目か4番目あたり。

f:id:take_blog:20180319003951j:plain
f:id:take_blog:20180319003958j:plain
f:id:take_blog:20180319003956j:plain
パワーアップして再登場、と印象深さはあった今回のボス達

 

友軍艦隊について

一言で言うと「余計な事をしないで欲しい」。
楽になるのは悪い事ではないが誰しも自分が組んだ艦隊で攻略したいもの。そこにランダム要素有りのNPCによる介入で、強い友軍艦隊を引く為に本体の編成も変えなければならない(E7-2本目は大和を含めた栗田艦隊が強いようだが長門さんを外す事は考えていないので無視)のは違和感がある。新規艦のネタバレも普通にある。
来ても大して変わらないのでそれありきでの難易度調整では無いようだが、二期での実装を考えているのであれば課題を残したといえる。

f:id:take_blog:20180320104032j:plain

当たり前のようにやってくる同志Ташкент

 

 

一期を終えて

f:id:take_blog:20180319005751p:plain

フォルダに残る過去最古のスクショ

初めて参加した2013年冬イベント「迎撃!霧の艦隊」から数えて17回イベントには参加。難易度が実装されてからは全海域甲クリアを達成できたのは素直に嬉しい。1番難しかったのは『西方再打通!欧州救援作戦』(2017年夏イベント)。
ただ自分の中で正直イベントに対する高揚感というのは失われつつある。そんな状態で甲提督を続けられたのは長くプレイして艦娘や装備が揃っていたからだろう。なのに楽しむ余裕というのはどんどん無くなってきているというのは良くないなと自分でも思う。
二期次第だが長門・浦風と共にモチベーションを新たに進んでいきたいと思う。

 

 

二期に向けて

※ここからは文句なので見なくて良いです

とにかく手間を減らして欲しいの一言。いちいち時間が掛かりすぎる。装備プリセット機能、演出スキップ選択可、任務の自動化など…どのくらい変わるのか分からないがせめてこれくらいは欲しい。
後は良くも悪くも運ゲーなところは見直す必要があるのでは。長くプレーしていても恩恵と言うか旨味がないのはいかがなものか。難易度選択がそれに一石を投じたわけだが結局甲を選ぶ意味というものが個人のプライド以外に無くなってしまっているので改善には至らず。プレイヤーのワガママだといわれればそこまでなのだが。

 

take87.hatenablog.com

 

take87.hatenablog.com