take87log

腕時計中心に色々と

take87log

1本目にバンビーノという選択肢

f:id:take_blog:20180423103716j:plainたまにはダイマな記事も。
今回まとめるのはオリエントのバンビーノ。語りつくされた感のあるモデルですが自分なりにどこが良いのか綴ります。

 

腕時計に関する知識も多少増えてきたところで初めて買う機械式時計としておすすめするなら僕はオリエントバンビーノを推します。バンビーノにも色々ありますが特に今から紹介する「SAC00002W0」がおすすめです。
バンビーノの種類→Orient Classic | Classic Watches | Men's Watch Collection

実はバンビーノは昨年の11月に購入済み。ネットでは評価も知名度も高い時計なのでわざわざ書くほどでもないかと記事にはしていませんでした。(バンビーノについてはその魅力を伝える様々な記事がありますので調べてみると良いでしょう)

では何故バンビーノが初めて買う機械式時計としておすすめなのか?
※写真の質が悪いのはご容赦下さい

①デザイン

 

f:id:take_blog:20180326204541j:plain
f:id:take_blog:20180326204533j:plain
f:id:take_blog:20180326204526j:plain

シンプルなバーインデックスにドルフィン針、3時位置のデイト表示という3針時計の基本的なデザイン。ピンクゴールドはオフ用になるでしょうが、他のカラーもラインナップされているのでオンオフ問わず使えるデザインに仕上がっています。
文字盤は純白ではなくクリームが混ざったような白。僕は若干のチープさ、値段相応の質感に見えてしまいますがどうでしょうか?

f:id:take_blog:20180326205019j:plain
f:id:take_blog:20180326205012j:plain

風防はドーム型で盛り上がってます。それに合わせて秒針の先が曲げられて視認性を確保している手の込みよう。ここにミネラルガラスと文字盤の色味が加わって全体的にレトロな雰囲気を醸し出しています。

f:id:take_blog:20180326204520j:plain
f:id:take_blog:20180326210607j:plain

ケースサイズは40mmですがラグが短いので自分のような細腕(16.5cm)でも合います。

 

f:id:take_blog:20180326210600j:plain最大の魅力はなんといってもこのピンクゴールド。ピンクゴールドは各社違いがありますがオリエントのピンクゴールドは色味が本当に絶妙です。このピンクゴールドがバンビーノを、オリエントを買った理由の一つになっています。女性のイメージが強い気がしますが男性が身に着けても違和感無いと思います。

 

②値段

バンビーノはAmazonで大体2万円前後で購入する事ができます。よくAmazonのセールの対象になっているので1万5千円程で買える事もあるようです。
初めて買う時計で値段はとても重要です。僕は始めての機械式にオリエントスター(5万円)を買いましたが知っていればバンビーノを買っていたかもしれません笑
機械式の入門用としてこの手の届きやすさは魅力です。

 

③精度

バンビーノの恐ろしいところは精度も悪くないところです。
僕の固体はおおよそ日差+10~15秒です(平置きの状態で計測)。初めての1本目どころかメインの1本として十分使っていける性能です。
ただこればかりは個体差や使い方によって変わるので参考程度に。

 

難点

f:id:take_blog:20180326204959j:plain
ベルトですね。肉厚な革ベルトを使用していますがこれが硬い。腕にフィットするとは言い難いです。が、ここは好み。硬いだけで質が悪いわけでは無いです。それに革ベルトなら¥3000程度で買えます。買い換えが嫌だという人にはリスクを追う部分になるでしょうがそれは他の時計をネットで買う時でも同じ。

 

総評

f:id:take_blog:20180326210429j:plain
もうすぐ買って半年になりますが飽きも無く、全体をキレイ目にまとめたい時によく身に着けています。バンビーノはイタリア語で「少年」を意味しますが、少年どころか洗練された大人の雰囲気を醸し出しています。
ここからオリエントの機械式時計を攻めるも良し、他のブランドに行くも良し。
機械式はもとより腕時計を買うきっかけとしては十分過ぎるほど満足感の高い時計だと思いますよ。