青に惹かれて。

腕時計を中心に色々と綴る男。テンプレでは無いオリジナルなブログを作りたい。まずは毎月1万PV・収入1万円を目指す。

機械式腕時計を買って1年

f:id:take_blog:20190302215020j:plain

機械式腕時計を買って早1年が経ちました。これまでの軌跡を軽く振り返りたいと思います。

 

 

所有している腕時計

時計については各記事内で語っております。

1.オリエントスター:セミスケルトン

take87.hatenablog.com

2.ノモス:タンジェント

take87.hatenablog.com

3.オリエント:バンビーノ

take87.hatenablog.com

4.ティソ:バラード

take87.hatenablog.com


機械式を買って変わったこと

①金銭感覚

f:id:take_blog:20180714145304j:plain
金銭感覚ですね、間違いなく;
当時は上に挙げた5万円のオリエントスターを買うのに躊躇していましたし、いざ買った後も「腕時計に5万も使ってしまった…」と思っていました。
しかし今では10万、場合によっては20万円でも安いと感じるように(もちろん時計の種類にもよります!)。5万円で震える自分はどこかに行ってしまいました

機械式はクォーツに比べると遥かに高額。自分がそうですがこだわりのある物は1つ買っても絶対もっと良い物が欲しくなるものなのでいきなり高いモデルを買うのは止めたほうが良いですよ(笑


②誤差0秒を求めない

f:id:take_blog:20180526145645j:plain
断っておくと精度が良いに越した事はありません。それは間違いないです。
ただ機械式の平均日差は幅広く、精度を考えればクォーツの方が圧倒的に上です。
ですが「機械式は誤差があるもの」というある種の固定観念に近いものがあるからこそ、機械式でありながら高精度を追求した時計に大きな魅力を感じるのは機械式ならではといえるのではないでしょうか。
誤差0秒で当たり前のクォーツと、誤差0秒にどれだけ近づけるかの機械式の違いです。

時刻合わせをした時に日差が少ないと嬉しくなりますね。特に自分が所有しているバラードは±0秒も珍しく無いのでとても満足しています。

時計の精度(進み・遅れ度合い)|時計の知識|操作・機能|修理・サポート|セイコーウオッチ株式会社

③行きつけの時計屋さんができた

f:id:take_blog:20190205031204p:plain
引用:福岡天賞堂

これはノモスを買う前の話なんですが、実物を見たいと色々な場所に出向いていました。その時に行った「福岡天賞堂」さんはとても良い接客をしていただいて居心地がよくまた見に来たいと思いました。

当時時計店に入るのにちょっとした勇気が必要だった自分にはとても大きく、結果ノモスは同店で買いました。この出会いが無ければ今も腕時計を趣味にしていたか分かりません。
その後も足を運びティソのバラードもこちらで買いました。

時計を見ながら1時間弱話せる場所ができたのは嬉しいですし、できれば時計は全てここで買いたいと思っています。
ネットで安い並行品を買うのも良いですが、「ここで買いたい」「この人から買いたい」と思えるようになるのも大事かなと思います。 

今後は

欲しい時計の種類をざっと挙げてみると、

・アラビアインデックス
・レクタンレギュラー
・ダイバーズ
・ムーンフェイズ
などなど…
最近良いなと思ったのはオリスのビッグクラウンポインターデイト。

それとは別に機械式に興味を持って以来憧れ続けているのが、
IWCポルトギーゼ・クロノグラフ

f:id:take_blog:20180717132445j:plain
via.https://www.iwc.com/ja/home.html

クロノグラフはOH代が高いので買うつもりは無いのですがこれは例外にしたい。
とにかく文字盤のバランスがとても良い。長針のリーフ針がおしゃれで、薄いベゼルが文字盤を強調。12と6のインデックスを覆い被すデザインだけが気になる点。

 

ジャガー・ルクルトマスター ウルトラスリム ムーン

f:id:take_blog:20180717134408j:image
マスターシリーズにはデイト付きやスモールセコンドモデルもありますが、このシンプルな文字盤にはムーンフェイズが一番似合う。とっても上品で綺麗な時計だなと思います。

どちらも実物を観た事が無いので写真だけの印象です。
もちろん手が届きませんし、買えても時計に負けるのは目に見えてるので憧れのままで…でも福岡に正規取扱店があるので見るだけなら、見るだけ。
Oro-Gio(オロジオ)

まだまだ興味は尽きませんし造詣を深めていきたい腕時計。
見た目だけの印象で語っているのでもっとキャリバー、中身についても学んでいきたい。
1年後にはどんな時計が手首を彩っているのでしょうか。