take87log

腕時計を中心に色々と綴る男。テンプレでは無いオリジナルなブログを作りたい。まずは毎月1万PV・収入1万円を目指す。

take87log

ジオス ミストラル+エルゴングリップ

以前クロスバイクでのサイクリングに行った際に浮き彫りとなった一つの課題…軽い手の痺れ。
それを解消する為にグリップを購入してきました。

take87.hatenablog.com

選んだグリップは?

f:id:take_blog:20180924202942j:plain
今回選んだのはエルゴンGP3-L
最初はバーエンドだけ買おうと思っていたのですがそれでは根本的な解決にはならないと思いグリップごと交換。どうせなら握り心地が良いと評判のエルゴンにしました。
 

スペック

・価格:¥5,900+税
・長さ:135mm
・重量:265g(2つ合わせて)
・バーエンドの長さ:85mm
なかなかのお値段ですね。なので店頭で実際に握ってみる事をオススメします。自分はそれで軽い感動を覚え、価格に納得したので買いました。もちろん2つセットでの価格です。もう1つはパッケージの中に隠れてます。自分も最初「え、まさか1つだけの値段じゃないよね…?」と慌てて調べた経緯があります笑

 

エルゴングリップの魅力

f:id:take_blog:20181007223323j:plain
(公式サイトより引用)

魅力はやはりその握り心地。手のひらにフィットします。
それに加えてエンドバーも付いているので負担軽減効果はかなり大きいでしょう。

 

取り付け作業

f:id:take_blog:20181007190416j:plain
※洗車・注油ついでに取り付けましたので背景が散らかっています。ご了承下さい。

f:id:take_blog:20181007190426j:plain
f:id:take_blog:20181007190434j:plain

元のグリップを取り外しますが、最悪エルゴンが取り付けられないサイズの可能性もあったので(大抵のクロスバイクなら大丈夫?)切らずに隙間から洗剤を流し込む方法を取ります。ぐねぐね回しているとそのうち外れます。 

 

f:id:take_blog:20181007190122j:plain
f:id:take_blog:20181007190117j:plain

取り付けは少し注意が必要。そのまま取り付けてもエルゴンのエンドキャップがバーの端に届かないので固定されずにグリップが動いてしまいます。なので六角レンチでシフトレバーを内側に移動させます。 

 

f:id:take_blog:20181007190127j:plain
f:id:take_blog:20181007193716j:plain

グリップをどの位まで押しこめば良いのか分かりにくければ、エンドバーとエンドキャップをグリップに付けたままはめ込んでいけばエンドキャップだけが押し出されるポイントがあります。そこがバーの端なので後はエンドバーの六角ネジを締めてやればグリップごと固定されます(画像右はネジを締めていない状態)。

f:id:take_blog:20181007223000j:plain
公式サイトで説明書を閲覧する事もできます。

 

f:id:take_blog:20181007193712j:plain
エンドバーの角度はネジを緩める事で調整可能。目盛りがついているので左右でズレる事も無い。 

 

f:id:take_blog:20181007190132j:plain
f:id:take_blog:20181007185910j:plain

ビフォーアフター。かなり印象が変わりました。

 

f:id:take_blog:20181007185931j:plain
f:id:take_blog:20181007185926j:plain
f:id:take_blog:20181007185921j:plain
f:id:take_blog:20181007185916j:plain

見慣れていないからかデザイン的に多少浮いている気がします。
しかしより良くなっているのは間違い無いので早く乗って確かめたいですね。

※10/08 追記
翌日20kmほど街乗りしてきましたが全然違いますね。特に良いのがエンドバー。停止状態からの発進時に引く力を支えてくれるので楽です。信号待ちが多くなる街乗りでは非常に有り難い。グリップも握るというよりはスッと置く感じで安定します。


また一つ快適性の上がるカスタマイズをしました。そして次のカスタマイズはもう考えていて、それはタイヤです。28C→25C化を計画しており商品のリストアップも始めてます。早ければ年内にも手をつけるかもしれません。